トップページ > 組織でさがす > 都市計画課 > 被災宅地復旧支援事業について

被災宅地復旧支援事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月1日更新

被災宅地復旧支援事業について

目的

 本事業は、平成28年熊本地震による被災宅地の復旧に要する費用を、町が熊本県から平成28年熊本地震復興基金の交付を受けて補助することにより、平成28年熊本地震による被害からの早期の復興を図ることを目的とします。

申請受付期間

 平成29年6月19日(月)~平成30年2月28日(水)(土・日曜日、祝日を除く)

 ※現地確認等の内容審査を行いますので、申請手続きを行われる前に、事前にご相談ください。

対象者

 町内にある被災した宅地の所有者、管理者又は占有者

 (管理者、占有者にあっては、所有者の全部または一部から工事の施工について承諾を得たものに限る。)

対象宅地

 平成28年熊本地震発生時に住宅の用に供されていた宅地(民間企業や団体等の社宅や寮は含みません。)

 例)専用住宅、共同住宅、店舗併用住宅(住宅部分のみ) など

対象工事(調査、設計を含む)

 原形復旧を基本とした次に掲げる工事(構造基準を満たすものへの変更を含む。)

 ・宅地のり面の復旧

 ・宅地擁壁の復旧、補修(ブロック塀やフェンスは対象外)

 ・宅地の亀裂・ひび割れの復旧費用

 ・住宅基礎の傾斜修復工事

 ※工事費が50万円に満たないものや、他の補助金の交付を受けたものなどは対象外です。

 ※高さが2mを超える擁壁の再構築を行う場合、工作物確認申請が必要となります。

復旧工事イメージ

補助金額

 対象工事費から50万を控除した額に3分の2を乗じた額(上限633万円)

 例)工事費が350万円かかった場合

  (350万円-50万円)×2/3=補助金額200万円

補助額イメージ

提出書類

補助金交付申請

・申請書(様式第1号)

・関係権利者の承諾書(所有者が申請者のみの場合は不要)

・設計図書(位置図、計画平面図、構造図など)

・見積書の写し

・被災状況が確認できる写真

・申請地の土地・建物の登記事項全部証明書および字図

・住民票

工事完了

・完了届(様式第6号)

・工事請負契約書等の写し

・工事の完成図書(施工状況および完了写真、完成図面など)

・工事費の内訳書の写し

補助金交付請求

・請求書(様式第8号)

・工事費の領収書の写し

提出書類の様式

申請書(様式第1号) [Wordファイル/23Kb]

承諾書 [Wordファイル/38Kb]※申請者と宅地所有者が異なる場合

被災状況確認書 [Wordファイル/15Kb]※被災状況写真がない場合

変更承認申請書(様式第4号) [Wordファイル/22Kb]

完了届(様式第6号) [Wordファイル/22Kb]

請求書(様式第8号) [Wordファイル/23Kb]

 その他

 平成28年4月14日から平成29年6月18日までに、補助を受けずにご自身で宅地復旧を実施されている場合は、さかのぼって補助ができる場合があります。

 内容について、詳しくはお問い合わせください。