菊陽町防災サイトトップへ

自宅再建利子助成事業について

最終更新日:

1 事業の趣旨

 熊本地震により住居が被災し、応急的な住まい等での生活を余儀なくされた方が、県内で居住する住宅を新築、購入、補修するために、金融機関等から融資を受けた場合、借入額にかかる利子の支払額の全部又は一部について助成を行うものです。

 2 対象世帯

 被災者または、被災者の2親等内の親族が金融機関等から融資を受け住宅を再建し、次の(1)か(2)のいずれかの要件を満たし、世帯全員の収入合計が 500 万円以下(給与所得者以外の方がいる世帯は所得合計350万円以下)の世帯

 ※子育て世帯・高齢者世帯等は要件が緩和されます。

(1) 光の森仮設住宅または、みなし仮設住宅に入居しており、供与期間内(期間を延長した場合は、その期間内)に退去された世帯

(2)り災証明書で全壊、大規模半壊の判定を受けた世帯または、半壊の判定を受け、住宅を解体した世帯

3 助成額

 借入額(上限850万円)に、借入時の貸付金利((独)住宅金融支援機構が実施する「災害復興住宅融資」の基本融資額に係る融資金利を超える場合は、当該融資金利)及び借入期間による元利均等月賦支払の方法により算出された各月の利子額の合計額(※1,000円未満端数切り捨て)

 4 申請に必要なもの

(1)り災証明書の写し 

(2)印鑑(シャチハタ不可)

(3)住民票(再建した住宅に入居する世帯全員の続柄記載のもの)

(4)住宅を再建し、その住居に入居した日の属する年の前年の課税所得証明書(世帯全員分)

(5)住宅債務に係る金銭消費貸借契約書、抵当権設定契約書及び返済予定表の写し

 ※必要に応じ、その他の書類の提出を依頼する場合があります。

5 申請場所

 菊陽町役場 2階中会議室

6 受付時間

 午前9時~午後5時(正午~午後1時及び土日祝日を除く)

7 申請期限

   再建し転居した日から6ヶ月以内または令和2年2月28日(金)のいずれか早い日まで。 

 ※期限を過ぎた場合もご相談ください。

8 その他

 上記の制度に該当しない世帯は、日本財団(わがまち基金)の活用をご検討ください。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:1219)
菊陽町役場 総務課  〒869-1192  熊本県菊池郡菊陽町大字久保田2800番地   Tel:096-232-2111096-232-2111   Fax:096-232-4923  

Copyright © 2019 Kikuyo Town All rights reserved