菊陽町トップへ

新型コロナウイルス感染症に伴う国民年金の手続きについて

最終更新日:
 

年金を受給している人

年金を受けている方で各種届書の提出が必要な場合、提出が遅れたり提出されていないときは、年金の支払いが一時止まる場合がありますが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、提出期限に係る取扱いが一部変更になりました。

詳しくは以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

 

【年金を受けている皆様へ】新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生計維持確認届・現況届の提出期限に係る取扱いについて別ウィンドウで開きます(外部リンク)

【障害年金等を受けている皆様へ】障害状態確認届(診断書)の提出期限の延長のお知らせ別ウィンドウで開きます(外部リンク)

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響により国民年金保険料の納付が困難な人へ

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入源となる業務の喪失や売り上げの減少が生じて所得が相当程度まで下がった場合は、臨時特例措置として国民年金保険料免除申請・学生納付特例が可能となりました。

 

 

申請要件

1と2のいずれにも該当になる人が対象となります。

1.令和2年2月以降に、新型コロナウイルス感染症の影響により業務が失われた等により収入が減少した。

2.令和2年2月以降の所得状況からみて、当年中の所得見込額が、国民年金保険料免除基準相当または学生納付特例基準相当になることが見込まれる。

 

 

 

申請の対象となる期間

1.免除申請    令和2年2月分から6月分まで

           令和2年7月から令和3年6月まで

2.学生納付特例  令和2年2月分から令和2年3月分まで
           令和2年4月から令和3年3月分まで

 

 

 

申請方法

「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」と「所得の申立書」を記入のうえ、町民課または年金事務所へ提出してください。

詳細及び様式のダウンロードは、以下の日本年金機構のホームページをご覧ください。

 新型コロナウィルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について別ウィンドウで開きます(外部リンク)

※新型コロナウイルス感染症の感染防止の観点から、郵送での提出をぜひご活用ください。

 

 

 

必要書類

1.年金手帳または個人番号がわかる書類

2.所得の申立書

3.印鑑

4.学生の人は学生証または在学証明書

5.顔写真付身分証明書(写真なし身分証明書の場合は2つ)

 

 

 

注意事項

1.申請後、当該所得申立書に記載された簡易な所得見込額の内容を明らかにできる書類を年金機構にて確認させていただく場合があるので、2年間はその書類の保管が必要です。
2.一部免除の場合、残りの保険料は納付する必要があります。納めないと未納期間となり、受給資格期間や年金額の計算の対象になりません。

3.国民年金保険料の免除期間は、全額納付したときに比べ受け取る年金額が少なくなります。免除期間の保険料は、10年以内であれば追納することができます。

 

 

 

お問い合わせ先

年金加入者ダイヤル 0570-003-004

西年金事務所 国民年金課 096-335-3261


 

 

このページに関する
お問い合わせは
(ID:2495)

菊陽町役場 法人番号:2000020434043
〒869-1192  熊本県菊池郡菊陽町大字久保田2800番地   Tel:096-232-2111096-232-2111   Fax:096-232-4923  

[開庁時間] 月曜~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

Copyright © 2019 Kikuyo Town All rights reserved