トップページ > 組織でさがす > 生涯学習課 > 20下津久礼日吉神社の銀杏

20下津久礼日吉神社の銀杏

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年4月1日更新

下津久礼日吉神社の銀杏(しもつくれひよしじんじゃのいちょう)

20下津久礼日吉神社の銀杏02

指定年月日(種類番号)

 昭和55年7月1日(天然記念物第6号)

所在地

 菊池郡菊陽町大字津久礼1871(下津久礼区)  場所はこちら

樹木概要

樹種

推定樹齢

幹まわり

根まわり

樹高

枝幅

銀杏

300年

4.60m

測定不可(石段の石垣に半分埋まっているため)

30.00m

15.00m

文化財概要

 下津久礼区の東端、日吉神社の正面石段中央の東にあります。イチョウ科の落葉高木で神社や寺院に多くみられます。樹皮は灰褐色で浅く裂けており、葉は扇形で先端中央部は浅く又は切れ込み、秋は黄色になります。雌雄異株で、材は基盤・将棋盤・彫刻用に用いられ、種子の銀杏は食用に重宝されています。

その他の天然記念物