菊陽町トップへ

熱中症に気を付けましょう

最終更新日:

 

 今年は6月末から記録的な暑さとなり、熱中症による緊急搬送人員、死亡者数は例年になく高い水準になっています。

   また、現在は新型コロナウイルス感染症予防他のためにマスクを着用する人が増えています。気温・湿度が高い中でのマスクを着用すると、のどの渇きを感じにくくなり、脱水が進んで熱中症のリスクが高くなります。

 さらに、新型コロナウイルス感染症による外出の自粛により自宅で過ごすことが多いため、体力が低下していたり、体が暑さに慣れていなかったりするため、特に注意が必要です。

 

 

こんな日は注意

気温が高い

湿度が高い

風が弱い

急に暑くなった

こんな日は注意

 

こんな人は特に注意

体調が悪い人

高齢者・幼児

持病がある人

肥満の人

暑さに慣れていない人


 

熱中症の予防のポイント

(1)暑さを避ける

・扇風機やエアコンで温度を小まめに調節

・遮光カーテン、すだれ、打ち水を利用

・外出時には日傘や帽子を着用

・天気の良い日は日陰の利用、小まめな休憩

・吸湿性・速乾性のある通気性のよい衣類を着用

・保冷剤、氷、冷たいタオルなどで、体を冷やす


(2)小まめに水分を補給する

・室内でも、外出時でも、のどの渇きを感じていなくても小まめに水分・塩分などを補給



  

熱中症警戒アラートとは

 熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、熱中症予防行動をとるよう促すものです。発表には熱中症との相関が高い「暑さ指数」を用います。暑さ指数とは人間の熱バランスに影響の大きい「気温」「湿度」「輻射熱」の3つを取り入れた温度の指標です。
 熱中症アラートは、「暑さ指数33℃」を超えると予想されるときに発表されます。熱中症予防のために活用しましょう。


熱中症の対応

 もし、あなたの周りの人が熱中症になってしまったら…

 落ち着いて、状況を確かめて対処しましょう。最初の処置が肝心です。



軽い症状やや重い症状 重い症状 
症状めまい
立ちくらみ
筋肉痛
汗が止まらない 
頭痛
吐気
体がだるい
なんとなく反応がおかしい
意識がない
けいれん
体が熱い
反応がおかしい
普段通りに歩けない
対応
1涼しい所に移動
2衣服をゆるめる
3体を冷やす
4水分補給や塩分補給をする
1涼しい所に移動
2衣服をゆるめる
3体を冷やす
4水分補給や塩分補給をする 

1急いで救急車を呼ぶ
2涼しい所に移動
3衣服をゆるめる
4体を冷やす

  ※症状が改善しない、または悪化したら、すぐに救急車を呼びましょう ※水を自力で飲めない、または症状が改善しない場合はすぐに救急車を呼びましょう ※倒れたときの状況が分かる人が医療機関に同行ましょう

 




 

 

 

 

 
 


 

 

 

 

 

 

別ウィンドウで開きます(外部リンク)
このページに関する
お問い合わせは
(ID:2485)

菊陽町役場 法人番号:2000020434043
〒869-1192  熊本県菊池郡菊陽町大字久保田2800番地   Tel:096-232-2111096-232-2111   Fax:096-232-4923  

[開庁時間] 月曜~金曜日 午前8時30分から午後5時15分まで(国民の祝日、休日、年末年始を除く)

Copyright © 2019 Kikuyo Town All rights reserved